[1]市場の参入条件は、許認可制とせず、安全性などの客観的に判断できるものを基準とする。[2]ただし、「真似」の自由化であってはならず、特に金融業界などでは、知的所有権を保護した上で自由化を行う。(平成維新の会「日本を変える法案集」48)