[1]国が特定産業を保護することを禁じる。[2]ただし、国家の存立のため戦略的に不可欠と思われる産業については、一定の期間内(論理的裏付けのもとに明確に設定する)において保護を許可する。(平成維新の会「日本を変える法案集」47)