[1]国が国内の特定産業を保護するために、輸入を規制することを禁じる。[2]国の役割として、生活者が世界で最も優れたものを安く安定的に入手できるようにする。[3]この結果、生活の質を上げてそのコストを下げる。(平成維新の会「日本を変える法案集」44)