[1]家族を最重視する社会を構築するため、家族の離散を招く相続税を廃止する。[2]資産については相続税で一度に課税せずに、評価額の1%の固定資産税を課す。(平成維新の会「日本を変える法案集」41)