[1]印鑑証明を廃止し、ICカード、声紋、指紋、サイン等によって本人であることを証明する。[2]その際に、専業の印鑑業経営者を優先的に公証人とする。(平成維新の会「日本を変える法案集」36)