[1]各省庁がそれぞれの必要に応じた採用、登用を行うものとする。[2]現在のような国家公務員試験を廃止する。ただし、最低限必要な知識レベルを測るための試験は行ってもよい。[3]各省庁がそれぞれのニーズに応じて、自由な採用を行う。外国人の採用も可能とする。[4]各省庁は必要な人材の基準を明確に提示する。(平成維新の会「日本を変える法案集」35)