[1]安全上の問題がない限り、優先道路や環状交差路等を使用し、車の流れを止めないようにする。[2]車線のペンキの塗り直しや道路舗装の実施も、一定サービスレベル以下の場合以外は行ってはならないこととする。[3]工事による渋滞が5キロ以上になった時点で、その原因となっている工事を中断する。また、工事は統計的に最も通行量の少ない日、曜日、時間に行うこととする。(平成維新の会「日本を変える法案集」32)