パブリックサービス法で目標を掲げたら、目標達成のためのアイデアについては一般から公募し、採用されたアイデアの提案者には総工事費の0.1%を支給することができるものとする。(平成維新の会「日本を変える法案集」30)