[1]すべての公共工事に終了期限を定める。[2]その公共工事の期待成果を客観的な尺度で明記し、最短の期間に達成することを義務づける。[3]こうして工事の長期化による直接、および間接(機会)費用の増大を防ぐ。(平成維新の会「日本を変える法案集」29)