[1]電話・水道・ガス・電気などの公共サービス(ユーティリティー)の工事は、個別ではなく、複数で同時に行い、掘り返しなど行政上の無駄をなくす。[2]ある公共サービスの工事を行う際には、その情報を開示する。そして、同一箇所で工事を予定している他の公共サービスはすべてこれと共同で作業を行う。[3]共同で作業を行う際には、特有の技術を必要とする部分を除いて、作業を一本化して重複を防ぐ。このために業者の選定も個別には行わず、全体の作業に対して公開入札させる。(平成維新の会「日本を変える法案集」26)