行政が受益者の側に立って窓口を1つ、または担当者を1人にし、煩雑きわまりない役所の手続きを簡素化する。(平成維新の会「日本を変える法案集」24)