[1]公的サービスに先端技術を積極的に取り入れることを各官公庁に義務づける。たとえば、各省庁のコンピュータと各家庭のコンピュータをネットワーク化する。[2]国民が監視機能を持ち、先端技術が用いられていないと判断された場合には、提訴することができるものとする。(平成維新の会「日本を変える法案集」23)