[1]公務員が複数の仕事をこなすことによって、税金を上げずにサービスレベルの向上をはかる。[2]すべての公務員は採用後20年で、採用された機関ではなく地域全体の帰属となる。(平成維新の会「日本を変える法案集」22)