ある予算が地方のニーズに合わない場合は、生活者にとってより重要な(関連)分野にその予算を使えるようにする。たとえば、都会においては必要のない漁港建設や砂防工事のための予算を、代わりにマリーナや公園の建設にあてる等のことを可能にする。(平成維新の会「日本を変える法案集」16)