投資信託を購入する目的を日米で比較すると、その差は歴然としている。アメリカでは投資信託を購入する人の72%が「退職後の資金」と答えている。かたや日本はトップが「無目的の余裕資金」(48.5%)なのだ。