結果的に日本の中古住宅市場は極めて低水準で、年間わずか16万戸前後。住宅全体の取引量に占める割合は12%しかない。世界では住宅市場と言えば中古住宅の取引のほうが主で、アメリカでは77%、イギリスでは89%、フランスでも71%を中古住宅の取引が占める。