相続された資産は塩漬けにされたままになり、消費に回らないため景気を刺激しない。「相続税が国に入るからいいではないか」という人もいるが、日本の場合、相続税にはさまざまな理由で控除がつけられているため、たいした税収にはなっていない。2006年度を見ても、国税・地方税を合わせた税収の

わずか1.6%、額にして1兆4000億円程度でしかない。