預金利息支払額と銀行の貸出利息収入額の比率は、82年から91年の平均で90%。すなわち、91年以前は銀行の貸出利息収入の9割を預金者に還元していたことになる。この水準で92年以降も推移したとすると、銀行は89.5兆円も多く預金利息を支払っていなければならなかった。