マッキンゼーは各事務所で人材を採用する。入口がバラバラだから、国によって給料が違う。入社年数が経過するにしたがって徐々に格差がなくなって、ディレクター1年目で全世界共通の給料に収斂する、というルールだった。

早い人で12年目ぐらいにディレクターになれる。30歳前後で入社して40歳そこそこでディクレターになれば、あとは60歳の定年までディレクターとして若いヤツを使いながらヌクヌクとやっていける。こうした人事給与制度は問題だと思っていた。