バブル崩壊以降も日本人の個人金融資産は増え続け、ついに1555兆円に達した(2007年6月末)。GDPの三倍もの個人金融資産を保有するのは、世界の中で日本だけである。