今のコンサルタントは気の毒だ。要するにエスタブリッシュされて、世界化もある程度果たした日本企業を相手にするのだから、やれることは限られる。微修正のようなアドバイスしかできないから、さぞかし退屈だと思う。

時代とともに第一世代のダイナミックな経営者がいなくなって、大きな意思決定ができないトップが多くなってくるから、ちまちま説得しなければ話が進まない。自然、コンサルタントも粒が小さくならざるを得ない。

我々の時代は何でもあり、だった。