超低金利で所得税も相続税も世界一高い水準にある日本では、個人の金融資産はなかなか増えない。働けば働くほど、稼げば稼ぐほど税金に持っていかれる。これでは景気回復は難しい。金持ちを優遇するのではなく、金持ちにもっとお金を使わせること、新しい富裕層を育てて消費の拡大につなげることが重要なのだ。田中角栄元首相の「均衡ある国土の発展」の行き着いた先は、国土の破壊とバラまき行政による自治体の生命力喪失である。「1億総中流社会」は素晴らしい成果ではあったが、それが達成された後に待っていたものは、努力をしないで成果は得たい、という恐ろしいまでの集団倦怠症状だった。