日本の場合は戦後ずっと最低限の生活を保障することが政治のアジェンダになっているため、グッドライフを追求するということをやってきていないのである。だが、今や世界の優れたリーダーは、グッドライフの追求を必ず主要な目的にしている。企業の経営者にも、社員は単に生活の糧(かて)を得るために会社で働くのではなく自己実現の場として会社を利用してほしい、会社の目的を達成する中で自己実現を図ってほしいという言い方をする人が増えてきている。それと同じことを日本の為政者は目指さなければならない。