日本企業の人事制度でもう1つ悪いのが中間管理職だ。普通の大企業では、その期間が20年以上続くが、そんなシステムを持つ会社は日本以外では見たことがない。とくにグローバル企業には中間管理職というコンセプト自体がない。訓練が終わった人間は、トップに立てる人材か、下支えだけの人間か、判断がつくものである。中間管理職という“伝達係”の仕事は、突き詰めて考えれば、付加価値を生まない。これだけITの発達した時代に、メッセンジャー係は必要ない。一方、将来トップになるような人材は20代でも“原石の輝き”があるので、若いうちから責任のある仕事を任せて磨くのが世界の一流企業のやり方なのだ。