日本は今や完全に「成熟国モデル」に移行している。にもかかわらず、右肩上がりの「途上国モデル」で事業運営していたら、業績が伸びるはずがない。

日本国内で市場が飽和、あるいは衰退した業界の企業が、もし今の「途上国モデル」のままで成功しようと思ったら、途上国モデルが成り立つ海外、すなわち新興国や途上国に打って出るという選択肢が残されている。