今や日本の主要産業は世界中に生産拠点を持っている。たとえば自動車産業は平均的な会社で30か所、多い会社は50か所で生産している。水道にたとえれば、その中で為替の調子が良い(コストが低い)蛇口を開き、調子が悪い(コストが高い)蛇口を閉めることにより、どのように為替が変動しても、半年もあれば調整して収益を悪化させないようになっている。いわゆる為替ニュートラル(中立)のシステムだ。