個人が政策を発表することはないし、そもそも日本の選挙制度では個人が政策を発表する場所がない。これは私が東京都知事選挙で経験したことだが、個人は選挙ポスターにキャッチフレーズみたいなものを書くことができるだけで、政策を発表することは許されていない。政党が公約として政策を発表し、個人はその政党に属するから自動的にそれに従うという考え方なのである。この政党政治を前提とした選挙制度自体が、今や大きな矛盾を起こしているのだ。政党が政策を出さないから、国民は個人を見て、その人品骨柄や人気を頼りに投票するしかなくなっている。となれば、結果的に無党派が拡大するのは当たり前だ。