以前、塩川正十郎前財務相は将来の年金制度について「最低限の生活に困らない程度の同じ金額をみんなに配る」と発言した。だが、高い保険料を払った人も、安い保険料を払った人も、全く払っていない人も、同じ金額で食べていけというのは年金ではない。生活保護である。塩川前財務相は年金という概念まで否定したわけだが、これは政府の本音だと思う。