そう聞けばサラリーマンたちは怒るだろうが、実は政治化した農政で犠牲になったのは農民自身だった。日本の農業は、農林水産省を頂点に全農(全国農業協同組合連合会)や農協(農業協同組合)などの組織があり、その傘下に農民がいる。その仕掛けの中で補助金がバラまかれたわけだが、実際に恩恵を受けたのは中間で利権を得る全農や農協の職員、地方自治体の農政担当者、あるいは種苗、肥料、農薬、農業機械などを売っている業者で、当の農民たちは守られるどころか、どんどん疲弊していったのである。