この30年ぐらいの間、日本は制限速度を低くしたことはあっても、高くしたことはほとんどない。にもかかわらず、ドライバーは全く文句を言わない。国が一方的に決めた非現実的な制限速度におとなしく従い、ネズミ獲りや自動速度取り締まり装置を感知する機器を買って、スピード違反で捕まらないように一生懸命、工夫している。捕まったら運が悪く、捕まらなければラッキーというわけだ。しかし、これはどう考えても歪んでいる。なぜ私たちが、わざわざネズミ獲り感知機器を買ってきて、こそこそと取り締まりを逃れなければいけないのか。そういう国のおかしなやり方が、日本人を姑息にしていると思う。