ウクライナには、農地としては最上級ランクのチェルノーゼムという非常に肥沃(ひよく)な黒土が広がっている。しかも、オーストラリアなどのように土壌は良質だが水不足、ということもない。水量豊かなドニエプル川が国土を縦断して滔々(とうとう)と流れているからだ。これほど農作条件に恵まれた国土は世界でも極めて珍しい。それゆえ旧ソ連時代は、世界有数の穀倉地帯と呼ばれていた。