日本人は子供の教育にも異常に高いコストを払っている。私立の学校や塾に通わせたり、家庭教師を雇ったりしている。私立で中学から高校、大学まで行かせると、平均2400万円ぐらいかかる。子供が2人いたら家1軒分である。すべて公立、国立の場合でも平均約1200万円だ。

しかし、それはほとんどの場合、無駄な出費である。私に言わせれば、教育に金をかけたからといって良い子ができるという保証はどこにもない。むしろ、教育に金をかければかけるほど子供はダメになる。なぜなら、教育に金をかけると、子供は自分のために勉強するのではなく、親のために勉強してやっている、という感覚になるからだ。そういう発想の子供は世界で通用しない。