日本人は勤勉で貯蓄性向が高いと言われているが、実態は必ずしもそうではない。日本のように消費者金融が栄えている国は、世界のどこにもないのである。

私が入手したデータでは、人口約220万の長野県で消費者金融に対する融資の審査請求が年間約500万件もあるという。これは異常な数字だと思うが、全県民が消費者金融に手を出しているはずはないから、仮に全体の4分の1とすれば55万人。ということは、この試算だと消費者金融の利用者は1人当たり10件ぐらいずつ審査請求をしていることになる。