世界で海釣りと言えば、岸壁や桟橋で釣り糸を垂らしたり、小さな島でテントを張って1、2泊で楽しんだりするのが一般的だ。カナダのブリティッシュ・コロンビア州、バンクーバー島の東岸にあるキャンベルリバーという町は「SALMON CAPITAL OF THE WORLD(世界の鮭の首都)」と呼ばれるサーモン・フィッシングのメッカである。この町の沿岸の海では1年を通して、海岸からでも簡単に大きなサーモンが釣れる。釣り糸を垂れるためのライセンス(日本の入漁料のようなもの)は年間50カナダドル(約4000円)。竿を持っていない人には10カナダドル(約800円)ぐらいで貸してくれる。そうやって家族連れや初心者も気軽に豪快なサーモン・フィシングを楽しんでいる。外国の釣りは、日本のように高いお金をかけるレジャーではないのである。