日本の住宅に関するもう1つの問題は、中古になると上物の価値がなくなってしまうことだ。普通、築10年の物件は土地の値段しかつかない。たとえば、2000万円で建てた住宅(上物)の価値が10年後にゼロになるということは、毎年200万円ずつ価値が目減りしていくということである。そんなことになっている背景には、まず、上物の価値を認めない金融機関の査定の問題がある。土地そのものにしか抵当価値を認めないから、それが土地神話にもつながっている。