欧米のグローバル企業では入社して5年経ったら“同期の桜”とは比べない。専門職種別に給料の上がり方が異なるし、各職種別に入社何年目にはこのレベルまで到達していなければならないという「グリッド」による明確なキャリアパスのプランが細かく出来上がっている。だから入社5年目で平均が500万円なら、業績が良い人は1000万円、悪い人は300万円という差が当たり前につく。アメリカの場合、一流大学でMBAを取った人の5年後の平均年俸は約2000万円である。ハーバードのMBAなら2800万円が平均という統計が米『ビジネスウィーク』誌(08年5月10日号)に出ていた。それは個々人の努力と選んだ職種の結果なので、不平不満が出る余地はない。