たとえば、エコツーリズムで週末に家族みんなで森の中を歩いて、のんびり自然を楽しんだとする。GDPに対する貢献度はゼロである。あるいは、休日に友達と語り合ったり、一緒に楽器を演奏したりして楽しく過ごしたとする。やはりGDPに対する貢献度はゼロである。すでに自転車を持っている人が川原にサイクリングに出かけてリフレッシュして帰ってきたとする。これまたGDPに対する貢献度はゼロである。アメリカやオーストラリアでは、バケーションに1か月ぐらい車で家族旅行に出かけるが、コストは大してかからない。宿泊費はキャンピングカーならタダだし、モーテルでも1部屋3000~6000円ぐらいである。GDPに対する貢献度はさほど大きくないのだ。しかし、世界の先進国では、そういう豊かさこそが真の豊かさになっている。GDPとは関係のないところに先進国らしいライフスタイルがある。