さらに、政党助成金の問題もある。これまた政治改革という名の下に導入されたもので、国会議員1人当たり平均5000万円ぐらいのカネが政党に渡り、これによって個々の政治家がカネ集めをしなくてもよくなるから政治がクリーンになる、と言われていた。しかし実際には、国会議員たちは今もしゃかりきになってカネ集めをしている。国民から毎年約300億円も奪い取っていきながら、いったい何が変わったのか。クリーンになるどころか、秘書の給料までかすめ取るようなことが常態化しているほどだから、やらずぼったくりである。政党助成金の導入が間違いだったことは明らかだから、即座に廃止すべきだろう。