この年齢に関する一貫性が、今の日本には欠落している。飲酒、喫煙は20歳から、自動車の運転免許は18歳から、原動機付自転車や自動二輪車の運転免許は16歳から。これはどういう哲学なのか、さっぱりわからない。

たとえば、なぜ自動車という世の中で最も殺人兵器に近いものの運転免許が18歳で取得できて、飲酒は20歳になるまで禁止なのか。しかも、実際には義務教育の中学校時代から酒を飲んでいる少年少女がたくさんいる。