このままいくと25年後には、日本のGDPは中国の10%くらいになってしまうかもしれないが、過去2000年の歴史を見ると、日本の国力の規模は、だいたい中国の10%程度だった。その関係が変わったのは明治維新以降の140年間だけである。つまり、歴史的には日本は中国と正しい相対関係に戻るわけで、決して悲観する必要はない。10%国家というのはアメリカとカナダ、ドイツとスイス、ドイツとデンマークのような関係であり、カナダやスイス、デンマークは少しも卑屈になっていないし、誇りを持って隣の大国と付き合い、利用している。日本も中国とはそういう関係になることを前提として、今後の国家戦略を立てていかなければならない。また、企業はそうした巨大マーケットで大活躍するイメージを持って努力するのが正解、ということになる。