年金資金の運用期間は人によって異なるが、最低5年、長い人では30~40年である。そのスパンで投資して確実に儲かる国を見つけることはそれほど難しくない。人口がある程度多く、平均年齢が比較的若く、国土に人材か天然資源が豊富で、長期的に衰退する確率が低い国、要するに「成長余力が大きい国」である。(中略)たとえばオーストラリアは、かつては成長余力のない国と思われていたが、20年以上前に移民政策を大幅に緩和した。その結果、アジア太平洋地域、とくに中国から移民が大量に流入し、今や“チンストラリア”と呼ばれるほど中国系の住民が急増して、人口が80年代の1600万人台から500万人も増えて約2100万人になっている。