日本の役所は大概、数の勝負に強い。厚生省も国民皆保険や医師不足の解消では大いに力を発揮したが、今や数から質が要求される時代になってその存在価値が急激にプラスからマイナスになろうとしている。すなわち現在の医療や保険制度の改革は、厚生省があるがゆえに解決が一層難しくなってきていると言っても過言ではない。