通貨分散のコツは「3分法」である。相手国の通貨が強くなってきた時に3分の1を円に戻し、そろそろ上限かなと思った時にまた3分の1を戻し、円に対して下がり始めた時に最後の3分の1を戻す。この方法だと平均値がけっこう高くなる。それを異なる国の通貨でダイナミックに5~10年のサイクルで繰り返していくことが重要なのである。