地方へのアクセス整備というと、運輸省には、全国一律にジェット機が飛べる空港を整備するという安直な発想しかない。また地元は地元で、それをあたかも発展の象徴のようにあがめ喜ぶパターンが多い。

しかし、この運輸公共性の短絡である全国一律主義を疑ってみることこそがまず必要だ。

交通・運輸の特徴として、ユーザーにはほとんどの場合、複数の手段が用意されている。