私は「平成維新」にふさわしい新憲法をつくるべきだと考えているが、憲法論議になると各種イデオロギーが対立して乱戦模様となる。そこで昭和憲法はとりあえずそのまま置いておいて、あたかも全員がトーマス・ジェファーソンや伊藤博文になったかのように、現在の日本を前提として、われわれの国家運営の理念を作成するとしたらどうなるか、という試みを本稿で行なってみたい。

過去にとらわれず、今あるものにもとらわれず、将来のあるべき姿を前提にしてこれを規定してゆこう、という試みである。