結局、今日われわれが抱える運輸上の問題は、国際的な事業環境の変化や国民のニーズに対するアンテナ機能が、行政システムから欠落していることに起因している。ここで言う行政システムとは、業界-政界-役所という利害が完全に一致した三者によるクローズド・システムをさす。

つまりこの三者は、業界にとっては保護や補助金、政治家にとっては資金と票、そして役所にとっては権限と天下り先というように生命線によって結びつけられているわけで、このチェーンを断ち切らない限り、国民のためになる運輸行政は実現しない。