よく知られているように日本では鉄道交通が中心であったために空と車の発展が遅れた。しかし今では近距離は自動車、長距離は飛行機、という旅客移動のパターンが定着化している。

ところがこうした中にあって、車はステイタスシンボルという幻想が依然として行政の根底にあり、これが車の維持費、運行費を法外なものにしている。