鳴り物入りで登場した民主党政権は、37.4兆円ほどの税収しかないのに44.3兆円を超える新規国債を発行し、2010年度予算の一般会計総額は92.3兆円にまで膨らんだ。“巨大政府主義”ともいうべきこの政党は、今また、消費税増税に向けた地ならしに躍起になっている。税収が伸び悩む中で、巨大政府を維持しようと思えば、増税以外に選択肢はないと考えるのは当然の帰結だろう。しかし、私にいわせれば、前提条件そのものが間違っているのだ。