人は誕生とともに一三条「生命、幸福の追求権」(自由権)の享受者となり、二五条「生存権」(社会権)――健康で文化的な最低限の生活を営む権利――の対象となる。

義務教育が始まる六、七歳で二六条「教育の権利」(社会権)を享受し、成長するにつれ、一九条「思想および良心の自由」(自由権)、二〇条「信教の自由」(自由権)、二三条「学問、表現の自由」(自由権)を保障される。