裁判制度の最高責任者としての最高裁判官に関しては、憲法七九条二項に、任命後国民が審査する制度を定めている。

ところが、憲法は制度の運用についての詳細は定めていないため、実態として審査制度は形骸化されている。